永代供養について

赤坂浄苑の永代供養

護寺会費(年間管理料)をお納め頂いている間は、故人様を厨子内でお守り致します。
護寺会費の納入が困難になり、承継する方がいない場合、境内の永代供養墓に移して供養致します。
赤坂浄苑にご納骨いただきました仏様は、伝燈院が永代に亘り供養いたしますので、無縁仏になる心配はございません。安心してご利用いただけます。

永代供養墓 写真

ご供養について

伝燈院の僧侶により、毎日「本堂」において安置されている「ご本尊様」に対してのお経があがります。
その後「副本堂」においてご納骨いただいております仏様に対するご供養、並びにご契約いただいております皆様の「ご先祖様」に対するご供養のお経があがります。
最後にその日の祥月命日に当たる故人様のお名前を読み上げその方だけのご供養があがります。
これが伝燈院における「永代供養」でございます。

永代供養 写真

合同法要としては年に2回
・秋の彼岸会合同法要 ・秋分の日
盂蘭盆会合同法要は
・7月13日以前の土曜か日曜日
年2回の合同法要は自由参加でございますが、納骨されているすべての仏様のお名前を読み上げて供養いたします。

毎日「ご納骨の仏様」に対するご供養のお経があがります。年2回の「合同法要」に加え、故人様の「祥月命日」と、年に3回は必ず故人様の「お名前・ご戒名」を読み上げ供養致します。
これが伝燈院における「永代供養」でございます。

合同法要 写真

その他に新年3日には「祈祷会」を行い、参加いただいた皆様のその年1年の身体健全等を祈念し、ご祈祷した「祈祷札」をお配りいたします。

祈祷札 写真

お問い合わせ

0120-358-053

受付時間 10:00〜18:00

Web見学予約の方に
「QUOカード」1000円分
プレゼント中!

TOP